水の効果と1日に必要な量

水の効果

水の効果について考えたことがありますか?
知っている方も多いのですが、体内の水分の量は全体の60%を占めています。
つまり人間の体は水分で出来ているといっても過言ではなく、水を飲まないと人間は生きていけないのです。
水というのは、摂取・循環・排泄サイクルを繰り返すので、それが狂うと、生命の維持機能が乱れてしまうのです。
水を飲むことで、喉を潤すだけではなく、体の機能を上手く働かせたり、体温調整を図ったりします。
例えば、心臓の鼓動を助けたり、胃腸の消化活動を助けたり、基礎代謝をUPさせたり、食欲を抑制させたり、体内に溜まった脂肪の代謝を助けてくれるのです。
つまり、ダイエットに良いとされています。
水を飲むことで、基礎代謝がアップし、体内の排泄物が外に出やすくなり、便尿・汗等になって外に出されます。
体内はとてもクリーンになりますし、便秘解消により、ダイエットにつながるのです。
便秘が無くなるということは、肌へのトラブルも減り、にきび等が消えたという人が多いほど、とても美容に効果があるのです。


1日に必要な水の量

人間は1日2リットルの水を飲むのが良いとされ、普段から良く飲む人はいいのですが、そうでない人にとっては、2リットルを多く感じてしまうでしょう。
しかし、体重により左右されますので、50キロの成人の人は、1日に2.5リットルを摂る必要があり、乳幼児の場合も、体内水分量が80%と高い為、摂取する量も多く設定されています。
しかし、人間が健康的な毎日を送る為には、一日2リットルの水は大事なのです。
普段からペットボトル等に入れて持ち歩くことで、段々と量を飲めたりするのでお勧めです。
体重を減量したいのなら、2リットル+減量したい体重700gに付き240ミリリットルを飲むのが良いのです。
食べたり飲んだりして摂る水分も大事ですが、基礎代謝により体内で作られる水分もあるので、実際には摂取すべき水分量はもう少し少なくても良いのです。




掲載をご希望の水宅配サービス店様へ

水宅配の基礎知識


ウォーターサーバーの基礎知識


水の基礎知識


おすすめの水宅配・ウォーターサーバーは?


サイト運営者情報