水道水の安全性

水道水の成分

水道水の成分はどんなものが含まれているのか?
昔は地下水からくみ上げていたのですが、最近では、ダムの水を使っています。
しかし、環境汚染によって、様々な処理をしないと、飲み水として利用できませんから、51項目もの水道水質基準に定まった条件に合った水でないと供給することは不可能なのです。
有害物質を殺菌する為には塩素を用いますが、この頃は環境汚染が悪化している為、より塩素の量が増えるのです。
又、最近話題のダイオキシンですが、ビニール袋を燃やすと発生するとされる有害物質ですが、水道水になる河川・地下水にも含まれているのです。
発がん性が認められている為、水道事業者に取り除きを望みたいところですが、現在の所、とても極微小の為、ろ過にて除去しきれない物質となっているのです。
又、同じく発がん性のあるトリハロメタンですが、除菌の為に用いた塩素が水道水に残留すると、トリハロメタンの物質が発生する為、今波紋を呼んでいるのです。
昔は水道管は鉛で作られていましたが、水に溶けやすく、人体に悪影響だと言うことで使用を禁止されています。


水道水の安全性

日常においてとても大事な水。
水道水というのはとても便利で、飲みたい時にすぐ飲めますが、安全性については昔から重要視されています。
カルキ臭い等の理由により、水道水は飲み水としては敬遠されています。
安全に飲む方法はないのでしょうか?
発がん性のあるトリハロメタンをいかに取り除くかについてが重要で、有効なのは、「オゾン消毒」・「煮沸消毒」・「浄水器の使用」の3つです。
オゾン消毒は業者が処理するので家庭では出来ませんが、煮沸は、煮沸した後に、もう一度15〜20分加熱することで、除去出来ます。
重要なのが沸騰した後にすぐ加熱を止めてしまう人が多いことで、沸騰した時に多く発生する為、その後加熱が大事なのです。
浄水器は、トリハロメタン・ダイオキシンを取り除いてくれるタイプがあるので、お勧めです。




掲載をご希望の水宅配サービス店様へ

水宅配の基礎知識


ウォーターサーバーの基礎知識


水の基礎知識


おすすめの水宅配・ウォーターサーバーは?


サイト運営者情報