軟水と硬水の違い

軟水とは

日本の水は大半が軟水と言われていますが、では軟水とは何なのか?
その名の通り、軟らかい水のことを言います。
軟らかいということは、水中にカルシウムやマグネシウムが少ないということになります。
水の軟らかさ、硬さを表す単位は硬度と言い、軟水の場合は、硬度が100以下になります。
こういっためどを知っておくことで、水を選ぶ時の参考になりますし、軟水・硬水にはそれぞれに特徴があり、自分に合うか合わないかがあるので、周知しておくと良いのです。
軟水は洗濯に使うのが良くて、石鹸の溶け具合が良いという特徴がありますから、汚れが落ちやすくなるのです。
又、紅茶やお茶の渋み・苦みが減っておいしくなると言われています。
料理においては、豆類・野菜を煮たりご飯を炊いたりする時に使うと、おいしくなるのです。
入浴の際もお風呂の湯として使うと、保湿肌ですべすべで、湯ざめしにくく、頭髪が傷みづらいというメリットがあります。


硬水とは

硬水とはその名の通り、硬い水ということで、日本人にはあまりなじみがないので、ちょっと癖があると感じてしまう水です。
飲み慣れていない人が飲むと、お腹を壊す可能性がありますが、硬水に入っているマグネシウムの作用により便秘だった人がお通じが良くなったという人もいます。
市販品である「コントレックス」は、超硬水なので、便秘にはとてもいい水ということになります。
硬水はミネラル分が豊富だから、どんどん摂取すれば、必然とミネラル分も多く摂れると思われがちですが、それは間違いで、どんなに多く摂取しても、体内に摂取できるミネラル分は決まっているので、余分な分は尿・便で外に出てしまいますから、適量を飲むことが大事です。
お肉を煮る時には硬水だととてもおいしく煮ることができるのです。
このように、軟水も硬水もそれぞれに特徴があるので、目的に合った水を選ぶことが大切になります。
ミネラル分を豊富に摂取したいなら、硬水がお勧めなのです。




掲載をご希望の水宅配サービス店様へ

水宅配の基礎知識


ウォーターサーバーの基礎知識


水の基礎知識


おすすめの水宅配・ウォーターサーバーは?


サイト運営者情報