重水と軽水の違い

重水とは

重水とは、そんなに量はありませんが、重水素と呼ばれ、自然界の中にある原子で、飲料水の中にも少し入っているのですが、そう味も外見も軽水とは変化がありません。
でも、水に入っていても何ら問題はないのですが、それが、体内で体重10%以上になると、生命体機能がおかしくなって、命が危ぶまれる可能性があるので注意です。
水中での魚は死にますし、植物は育つことが出来ませんし、芽も出ません。
使用される場所としては、原子炉の減速材として使用されたり、放射線治療などの減速材等にも使用されます。
水の化学式はH2Oですが、これは2つの水素原子に酸素原子が1つ付いたものです。
しかし、アメリカのユーリー学者によって発見されたのが、何と通常の水素原子のおよそ2倍の重さのある水素原子です。
通常の水素原子がHとされ、2倍の水素質量の方をDとし、それが重水素なのです。
化学式で書くと、D2Oと表記されます。


軽水とは

軽水とは、通常水と呼ばれていて、飲料水等に使われる水のことです。
普段は水というだけなので、軽水と言われても、何のことか分からない人が多いですが、重水と比較した時にだけ呼ぶ名前なのです。
利用方法としては、飲料水はもちろんのこと、選択やお風呂等にも利用します。
軽水と言っても、天然水が99.7%程だとして、残りを重水が含まれていて、それを取り除くことは難しいので、純水な軽水というわけではありません。
しかし、出来る限り重水を取り除いたものがあり、それを「超軽水」と呼び、がん細胞の成長を抑える効き目があるとされています。
その為、宅配水サービス等で、健康の為と、重水が出来る限り取り除かれたミネラルウォーターが売られているのです。
又、原子炉でも、重水とは違う役割として使われています。
重水と軽水の違いは使用用途でもありますが、最も違うのが、物質の溶解度・電気伝導度・電離度等の物理的な性質と反応速度と言われています。




掲載をご希望の水宅配サービス店様へ

水宅配の基礎知識


ウォーターサーバーの基礎知識


水の基礎知識


おすすめの水宅配・ウォーターサーバーは?


サイト運営者情報